私が彼氏(現夫)を好きになった5つの理由!!

彼氏を好きになった理由をまとめました!

彼氏を好きになった理由をまとめたので、参考にして下さい。あまり彼氏の前で褒める事はないですがかなりいい男性です。

職業が最高にかっこいい!

私が彼を好きになった理由の1つめは、その職業がとてもかっこよかったためです。彼はずっと自衛官として働いており、ミリオタな私にとっては堪らない存在でした。しかもその中でも一番格好いい海上自衛官の人だったので、それを聞いただけでもキュンとしてしまいました。

生粋の海上自衛官ですから、ミリタリーの知識も非常に豊富です。私は自分でも本を読み漁ってそうしたことをすっかり知った気になっていましたが、それすら浅いことを思い知らされました。

彼が語ってくれる自衛隊の生活、兵器に関する知識は質・量共に目を見張るものがありました。彼は勤勉でしたから、専門分野についての知識はいつも貪欲に吸収しているそうです。そうした姿勢も、非常にカッコいいと思いました。

やはり軍人ということで、言動もハキハキとしていてカッコよさがあります。私服のセンスがちょっと微妙なのは愛嬌として、引き締まった顔の表情は人目を引くものがあります。飾り気がないのに端正な凛々しさがあって美しいので、そうしたところも好きになった理由です。

レディーファーストを徹底してくれた

彼との初デートで驚いたのが、レディーファーストを徹底して実践していたことです。今まで彼のような優雅な男性には会ったことがなかったので、これで一気に彼のことが気になりました。職業柄、偉い人と会ったりすることがあるからでしょうか。彼の動作はとても自然ですし、無理をしている感じがありませんでした。

例えば、デートの時は階段から降りたり椅子から立ち上がったりする時に手を貸してくれます。また、ドアも開けて先に通してくれますし、喫茶店などの椅子もわざわざ引いてくれます。

それも付き合って最初の頃だけだろうなと思いましたが、なんと彼は結婚してからもそれを実践し続けてくれています。今までレディーファーストなんて意識していませんでしたが、いざ手取り足取りやってもらえると素敵だなあと思いますね。

見た目が堅苦しいのに実は非常に陽気

次に彼のいいところは、見た目が堅苦しい感じなのにとても陽気でフランクだということです。至って真面目な人物なのですが、2人だけになって気が緩むと陽気な一面を見せてくれます。

私は最初、堅物な感じの彼が突然歌を歌い出したのを見てビックリしました。結構冗談も言うし、何かと私を楽しませようとしてくれます。私自身がクールなキャラですので、正反対な彼には色々と惹かれてしまいます。

似た者同士がいいとはいいますが、私と同じような人と付き合ったらそれこそ淡白ですからね。そうした意味で、正反対な彼とお付き合いできてとても良かったなと思っています。

価値観や趣味がとても合う

彼とは価値観や趣味も合うので、どんなデートをしていてもとても楽しいです。彼とよく行くのは秋葉原や上野、池袋が多いのですが、ちょっと脚を伸ばして靖国神社なんかにも行ったりします。

靖国神社と言ったら目的は一つで、敷地内にある大きな資料館が目当てです。彼と展示物を吟味しながら数時間巡るデートは、ミリタリーや歴史に関心がない人だと退屈かもしれませんね。しかし趣味の合う私からすれば、靖国デートはご褒美のようにも感じられるのです。

インドアな趣味としては、読書やゲームも嗜みます。ここでも二人してミリタリーが趣味なので、同じゲームを2人でやったり本を回し読みしたりしています。彼の詳しい理系分野について専門書を読むのも楽しいし、勉強会と称してお互いに知識を披露しあうのも幸せな時間だと感じています。

性格が優しく、私や家族を大切にする

最後に挙げられるのは、何と言っても性格が優しい所です。私が困っていたらすぐに手を差し伸べてくれますし、苦労した話をしたら労ってくれます。

その他にもデート中に重い荷物を持ってくれたり、脚が疲れていないかと定期的に聞いてくれたりします。今までそうした男性にはなかなか巡り会えなかったので、彼がとても特別な存在なのだと実感しています。

彼は私だけでなく、私の家族に対してもとても優しくしてくれます。挨拶にもたまに来てくれますし、そんな時は積極的に話をしています。本人曰くあまり人付き合いは器用ではないらしいですが、それでもこうして私や家族にも親切にしてくれているのはとてもありがたいことです。

まとめ

こうした魅力があるから、私は彼のことが大好きです。彼とは付き合った後無事夫婦になりましたが、彼よりも魅力的な男性はいないでしょう。彼と出会え、結婚までできた大いなる偶然にとても感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です